選ばれ続ける10の理由

  1. 外壁の塗り替え工事に最長10年の保証
  2. 余計な仕組みを作らない。
  3. 余計なコストを掛けない
  4. メーカー標準塗装仕様書に順じた施工→余計な塗り重ねコストは掛けません。
  5. 全塗装工程を写真記録管理し保証書と合わせてお渡しします
  6. ひび割れ部や劣化部、塗装が付着しないシリコンシーリングの徹底した下地処理
  7. 創業45年の信頼と実績で施工実績多数
  8. 工事着工前の近隣ご挨拶
  9. 万が一時に備えての工事保険へ加入済み
  10. 建物調査診断に基づいた塗装プランをご提案

1.外壁の塗り替え工事に最長10年の保証

塗り替え工事後の最長10年の長期保証でお引渡し後もご安心して頂けます。

これまで多くの塗り替えをして来たからこそ自信をもって中川塗装工業が保証致します。

実際にお客様へお渡しする保証書になります。

外壁塗装工事の保証

仕上塗料別保証年数

上塗材の種類施工塗料保証期間
2液形ウレタン塗料ファインウレタンU1005年
水性シリコン塗料
1液形シリコン塗料
水性シリコンセラUV
ファインシリコンセラ
7年
ラジカル制御型塗料パーフェクトトップ 8年
2液形シリコン塗料超低汚染リファイン1000Si-IR9年
2液形シリコン塗料パワーオーデフレッシュSi9年
2液形フッ素塗料 パワーオーデフレッシュ F10年
フッ素塗料デュフロン4Fセラミック10年
無機系塗料ニッペ パーフェクトセラミックトップG10年

施工塗料は分かりやすいように日本ペイントの商品に統一して記載しておりますが他社メーカーの場合でも同様の保証を致します。

2.余計な仕組みを作らない。

直接受注、直接施工により中間マージンを大幅にカットします。

塗装工事 中間マージン図解

中川塗装工業では直接お客様から施工を請負う為、中間マージンは一切かかりません。
現場調査から工事完了まで弊社の担当者が最初から最後まで責任をもって行います。

外注職人を使わないから、適正な予算の元に高品質で高機能な施工が可能になります。
施工のクオリティーにはトコトンこだわって施工いたします。

3.余計なコストを掛けない

塗り替え工事で発生する無駄なコストは徹底的にカットする

  • 材料仕入れ価格を抑える
  • 廃材を減らす
  • 過度なカラープラン提案はしない
  • 外注、下請委託はしない
  • 会社諸経費の削減する
  • 訪問販売、営業活動など人件費は掛けない
  • 広告宣伝費用は出来るだけ削減する
塗装工事 コストの削減

コストを抑えることでお客様には適正な価格とサービスを提供できると考えております。日々の改善に取り組み、より良いものをご提供できるように日々精進して参ります。

4.メーカー標準塗装仕様書に順じた施工

どんなの高級な塗料を使っていても、適正な施工が出来ていなければ、それは後の不具合や、塗膜機能の急激な低下などの不良事故へとつながります。

塗料を施工する際はメーカー標準塗装仕様書に順じた施工を適正に行う必要があります。
しかし、この当たり前に行わなければならい作業方法を、殆どの塗装職人はやりません。
ひどい場合は、知らない職人も居るほどです。

弊社では見積作成時から正確な数量を算出して、的確に正確な施工を管理しております。

標準塗装仕様書

https://www.nipponpaint.co.jp/biz1/building/products/ctlg/prd_213.pdf

また、最近よく見かける過度な塗り重ねも、お客様のご負担が増えるばかりではなく

施工不良の可能性すら考えられる場合もございます。

標準塗装仕様書通りの施工方法を行えば余程特殊な場合を除いて完璧に仕上がります

創業45年の実績で中川塗装工業では実証済みです!

普段から、1㎡辺りの適切な塗布量や施工方法が身についていれば、余計な上塗の3回塗や4回塗は全くの不要です。

むしろ、希釈のし過ぎや、塗布量不足の施工が疑われます。

正確な数量と適正な材料数(缶数)で施工を行えば、本来は3回、4回も上塗材は必要ありません。

塗料の塗り重ね過ぎやメーカー標準塗装仕様書以外の不適切な施工方法は数年後の不具合や次回塗り替え時の不具合発生リスクを高める可能性があります。

余計なコストはお客様への負担が増えてしまうだけだと私たちは考えます。

5.全塗装工程を写真記録管理し保証書と合わせてお渡しします

中川塗装工業では各部位ごとの施工管理写真を撮影しています。

塗装工程を写真記録

施工前・施工中・施工完了の写真や材料搬入、使用済み材料、補修や、廃材など出来るだけ、記録できるものは全て写真にて管理しています。

当然、塗料メーカーの保証によっては写真が無いと保証が出ないものもありますので、弊社では、全施工現場にて写真記録保管しております。

写真記録することにより

  • ちゃんと規定量の材料が搬入されているか?
  • 細かい所まで塗れているか?
  • 乾燥時間は守れているか?
  • 塗り重ね工程は守られているか?

などの施工管理にとても役立ちます。

6.ひび割れ部や劣化部、塗装が付着しないシリコンシーリングの徹底した下地処理

塗装工事の肝でもある下地補修や下地調整は塗膜が長持ちするか、綺麗な仕上がりになるかを決める、まさに肝心要の工程となります。

なので、中川塗装工業の下地処理はこだわりにこだわった、厳選した材料と、厳選した施工方法で常により良いものを採用しております。

新しい物へのアンテナを立てて、すぐに実験と検証をして、より良いものをこれからも取り入れて、今までの常識や先入観にとらわれることなく、常に最良の施工をお届けして行きたいと思います。

7.創業45年の信頼と実績で施工実績多数

親子二代に渡り所沢の地で、地域の方々に支えられて塗り替え工事を行ってきました。

これからも、より良い施工を行い、地域の方々に貢献できるように全力で取り組んでいきたいと思います。

8.工事着工前の近隣ご挨拶

工事を行う一週間くらい前にご近隣の方々へ工事を行う旨のご挨拶にお伺いいたします。

外壁塗装工事着工前の近隣ご挨拶

工事着工のお知らせチラシとご挨拶用のタオルをご一緒にお渡ししております。

タオル

9.万が一に備えての工事保険へ加入済み

どんなに気を付けていても、万が一の事故などが起きた際も工事用保険に中川塗装工業は加入しているので、ご安心していただけます。

  • 物を壊してしまった。
  • ガラスや鉢などを割ってしまった。
  • 塗料が飛散してしまった。
  • 建物やお車を傷つけてしまった など

物損や破損などの事故や、塗料の飛散事故などに保険適用が出来ますので、もしもの万が一の時にもすぐにご対応致します。

10.建物調査診断に基づいた塗装プランをご提案

中川塗装工業では標準塗装仕様書に順じた施工を厳守しております。

その為、一式見積や、○○パックなどのような簡易的なお見積書は作成いたしません

全ての項目で㎡数量を求めて、標準塗装仕様書に順じた施工を行っております。

ですので、現地建物調査診断と施工数量の算出には特に重点をおいて、お見積プランの作成を行っております。

  • 既存塗膜は何が塗られているのか?
  • ひび割れなどの劣化はどの程度進行しているのか?
  • 塗膜剥離などの付着不良は起きていないか?
  • カビやコケ、藻などは繁殖していないか?
  • チョーキング現象は発生していないか?
  • 光沢低下、変退色は発生していないか?

など塗膜や躯体の劣化が無いかを重点的に調べます。

建物調査診断書

建物調査診断書

建物の状態や劣化程度に合わせて適切な下地処理と下塗選定を行います。

ここさえ、適切な選定が出来ていれば、あとは、お客様のご要望をお伺いして、塗り替えライフサイクルコストを考慮して、最適な仕上材の選定を行います。

塗り替えサイクルコスト

御見積書は3プラン程度、ご提案させて頂いております。
ご要望があれば4、5プランを作成することも出来ますので、お気軽にお申し付け下さい。

ご提案プラン例

ご提案プラン塗装仕様プラン1塗装仕様プラン2塗装仕様プラン3
リーズナブル水性シリコン塗料水性ラジカル塗料水性フッ素塗料
スタンダード水性ラジカル塗料水性フッ素塗料溶剤フッ素塗料
ハイグレード水性フッ素塗料溶剤フッ素塗料無機系塗料
プレミアム2液フッ素塗料2液フッ素塗料無機系塗料
遮熱効果のあるタイプの仕様プランも御座います。

お客様ののご予算と塗り替えサイクルコストも考慮して最適な塗り替えプランをご提案いたします。

建物調査診断・お見積書作成は無料で賜ります

中川塗装工業では建物の調査診断から御見積書作成まで全て無料で賜っております。

営業マンや広告費などのコストをカットすることにより、低価格で高品質な塗り替えをご提供いたしております。

是非一度、大切なお住まいを私たちに診させてください。丁寧に入念な調査診断見積をいたします。

見積は無料
お気軽にお申し込み下さい(^^)/