シリコンを凌ぐ耐候性!パーフェクトトップ

ラジカル制御形パーフェクトトップの特徴

①・高作業性

ポリマーハイブリッド効果により、ローラーが軽く、ネタ伸ばしがスムーズに行えます。ローラーネタ含み性および転写性にもすぐれており、隠蔽(カブリ)も良く、飛散がしにくい作業性を有しており、水性で非危険物です。

②・高耐候性

紫外線による塗膜劣化対策として当社独自の「ラジカル制御」技術により、シリコングレードを超える非常にすぐれた耐久性があります。耐候形1種に相当し、可とう形改修塗材Eの上塗りに最適です。

日本ペイント パーフェクトトップ

③・高光沢

ポリマーが塗膜間の隙間を埋めるため、緻密な塗膜形成が可能となり、すぐれた高光沢を実現できました。また、パーフェクトシリーズ下塗り(パーフェクトフィラー・パーフェクトサーフ・パーフェクトプライマー)との組み合わせによりさらに美しい外観が得られます。ニーズに合わせたしっとりとした落ち着きのある3分つや、つや消しなど、つやの調整も可能です。

日本ペイント パーフェクトトップ

④・防藻・防かび性

日本ペイント パーフェクトトップ

防藻・防かび機能を有しています。オプションにより強力防かびも可能です。

⑤・低汚染性

親水化技術により、雨だれ汚染から建物を守ります。

そもそもラジカルって何?

ラジカルというのは、劣化因子のことです。
塗料には様々な色があります。その色を作り出しているのが「顔料」というものです。
顔料の中の成分は非常に紫外線に弱く、紫外線が当たることでラジカル(劣化因子)が誕生します。
ラジカルは、塗膜を維持するための樹脂成分を破壊する働きをもっており、塗装した部分の劣化因子につながるものです。ラジカル塗料は、この劣化因子の発生を抑制する塗料です。

日本ペイント パーフェクトトップ

パーフェクトトップには、日本ペイントが開発した「ラジカル制御技術」というものが組み込まれています。
ラジカルが発生したときに、ラジカル自体を包み込んで保護する物質が働き、樹脂塗膜に影響を及ぼしません。
ラジカル塗料を使用することで、通常よりも塗膜が長持ちするということです。

色々な所に塗れる

パーフェクトトップは適用下地が多いため、上塗りに使用されることが多いです。モルタルやサイディングはもちろん、コンクリートやアルミ面にも使用が可能です。

戸建てや、企業の方にもご使用いただけるケースが多いのではないでしょうか。
またパーフェクトトップは水性で非危険物です。工場やお店など幅広くご使用いただけます。

シリコン塗料とほぼ同じような金額で、それ以上の費用対効果が得られます。

適用下地 例

モルタル面、窯業系サイディングボード、コンクリート、ALCパネル、鉄部、FRP、木部、金属サイディングボード、亜鉛メッキ、アルミなど。
※上記は一例です。その他にも適用できる下地がございます。