外壁塗装にあたり

外壁塗装で重要なことは、第一に下地処理(補修)をいかに行うかです!
これは『工事で大切なこと!』でも述べましたが
外壁に限らず塗り替え塗装を行う上で一番重要となる工程です。
塗ってすぐには気づかなかったり、症状は出ないかもしれませんが
下地処理を怠れば必ずその代償は結果として出てきます。

下地処理・洗浄

当社では下地処理を重要な工程と考えています。
まず一番最初に行う工程として高圧洗浄機による水洗いがあります。
これは、汚れや藻などを取り除き塗料の密着力を高める為です。
藻やコケ等が酷い場合には処理剤を塗布して、完全に除去を行います。

下地補修・ひび割れ補修

外壁には構造上によるひび割れと天災や周辺環境によるひび割れとがあります。
どちらの場合も塗り替え前に適切な処置が必要で、症状の程度により処理の工法も変わってきます。

下地補修・ひび割れ補修(ヘアークラック)

ヘアークラックとは塗膜層(躯体に達していない)がひび割れを起こしている劣化状態を言います。
名前の通り髪の毛の様に細いひび割れの劣化現象のことで
処理の方法としては下塗材に微弾性フィラーや補修材等を用いることによりクラックに追従させます。

下地補修・ひび割れ補修(躯体劣化)

ヘアークラックとは違い躯体部分にひび割れ現象が起こっている場合
その大きさにより補修方法はことなります。
小さなひび割れにはヘアークラック同様に微弾性フィラー用いて
ひび割れ部分を刷毛にて補修塗り(刷毛引き)します。
その後ローラーで微弾性フィラーを全体に下塗していきます。
ひび割れの大きな箇所はひび割れ補修コーキングを用いてひび割れ箇所を補修します。
その後は同様の工程で下塗を全体に塗っていきます。

下地補修・模様補修

建物の劣化現象により塗膜剥離などがある場合
その劣化箇所を入念に除去(ケレン)します。
ここで付着不良な塗膜を除去することにより
後の塗膜剥離や塗膜の膨れを防ぎます。
塗膜を除去した箇所は周りの模様と柄(パターン)を合わせる為に
補修吹き等により肌あわせを行います。
ここで如何に周りとの境目をわからなくするかは職人の腕の見せ所です。
ですが一度除去をしてしまった塗膜は以前のように全く同じようには戻りません。
劣化する前に塗り替え工事の計画を立てることが
建物の保護・美観・価値を保つためにもとても重要なこととなります。

下地補修・シリコンシーリング処理

ひび割れや塗膜剥離の他に下地処理としては
シリコンシーリング部に専用のプライマーを塗布します。
これはシリコンシーリングの特徴で塗料(下塗材)を塗っても
全くシーリングと密着しないことから
後に塗膜剥離などの密着不良を引き起こしたりしないようにする為です。
多くの場合、換気口や換気フード・外部設備周りなどで多く使われています。
確かめる方法としては指でシーリング部擦ってその表面を確認することで見分けられます。
現在の所、シリコンシーリングに密着する塗料は出ていません。
その為にも、専用プライマーを塗ることはとても重要です。

養生

下地処理が終わると非塗装部(塗装をしない箇所)に
ビニールとテープを使って養生をしていきます。
この時、雑な施工をすると仕上がってからの見た目が悪くなる為
養生の良し悪しで仕上がり感(出来栄え)が違ってくると言ってもいいほど
丁寧な施工が必要になります。
当社ではお客様が日常生活に出来るだけ支障の無いように養生をいたします。
また大事な植栽や擁壁・土間なども丁寧な施工をし
隣接する住宅が近い場合には飛散防止シートの他に
ブルーシート養生にて飛散しないようにいたします。
これは水洗いをした際にも大変効果的です。

※各現場によって下地処理と養生の順序が変わる場合があります。

下塗り

養生が完全に終わりますと次に下塗り工程に移ります。
下塗材は、既存塗膜と上塗材とを密着させる接着剤のような効果があります。
また、ヘヤークラックにはクラックを補修する効果や
上塗材の仕上がりを良くする効果もあります。
当社では、材料本来の性能を発揮させるため施工を行う際には
計量カップを使って仕様書に準じた希釈を行い
塗布量も仕様書に準じた使用缶数にて正しい施工をしています。

上塗り

下塗りの次は上塗材の一回目にあたる中塗りをします。
材料によって同じ上塗材を二回塗るものと
中塗、上塗とが違った塗料とがあります。
近年支流となっているウレタンやシリコンのほとんどが
前者の同じ材料を二回塗る仕様となっています。
しかしこの工程で悪質な業者は二回塗りを一度しか塗らないでごまかしたり
シンナーを多く入れ既定以上に薄めてしまうケースも多いようです。
当社では下塗り同様希釈には計量カップを使い
工程管理には直接お客様に施工前と施工後にご報告をしております。
またご不在などでお留守の場合はメールにて写真をお送りいたします。
この他にも施工チェックシートにて確認し、写真にて記録をしています。

手直し・清掃

上塗が終わりますと養生を撤去し
手直し箇所が無いか入念に確認して最後に清掃をいたします。
敷地内はもちろん、周辺も綺麗に清掃します。
全ての塗装作業が完了ししますと
お客様に最終的な確認の意味でご一緒に検査をしていただきます。
検査日は2・3日前にはご報告いたします。

足場解体

検査完了後に足場の解体を行います。
ここで再度、手直し箇所が無いか確認し清掃を行なって
全ての塗装工事が完了となります。


外壁塗装工事施工例

外壁塗装施工例5 外壁塗装施工例4 外壁塗装施工例3 外壁塗装施工例2 木部外壁塗装施工例